ぎっくり腰治療/応急処置で”腰がスーッと伸びる”治し方/東京駅1分/神田駅5秒の腰痛整体院。

ぎっくり腰専門治療 神田駅前5秒の整体院

東京駅から1分/神田駅前5秒の整体院 ぎっくり腰専門治療。

 

八重洲、丸の内、大手町からも近いと言って通っていただいております。
ぎっくり腰の時の鋭い痛みを、とりあえず動ける状態にまで軽減する“応急処置”をお伝えします。

 

ぎっくり腰は相当痛くて、初めてこの痛みに襲われた方は、ほぼパニックです。
“今すぐやるべき情報”以外は読んでる余裕は無いと思いますので、動けないかもしれないあなたに、スマホを見ながらでもとりあえず“今すぐできる緊急対処法”をお伝えします。

 

ぎっくり腰の原因や、回復してからとかの事は、後半で書きますので、「痛みの対処」が出来てから再発しないために落ち着いて読んでください。

 

 

 

 

こんな痛みはぎっくり腰と思って対処すべき

  • 顔を洗おうと思ってかがんだら
  • 荷物を持ったとき
  • 振り向いたときに
  • くしゃみをしたら
  • 靴下を履こうと思ってかがんだら
  • 子供を抱っこしたときに
  • 風呂の掃除をしていて
  • 家具を移動した

 

など、何かの動作、かがむ動作なので、腰がギクッとなって鋭い痛みがでた。もしくは、何か原因が思い当たらなかったとしても

 

  • 歩けないくらい腰が痛い
  • かがめない
  • 動けない
  • 腰がズキズキ痛む

 

こんな場合は、ぎっくり腰の可能性があります。

 

ぎっくり腰は普段腰にまったく痛みやハリを感じていないような人も、強い力がかからなくても起こることがあります。
ですから、こんな痛みの出方の場合はぎっくり腰と思って対処してください。

 

このサイトでは痛みを抑えることに特化した方法をお伝えしています。
まずは、痛みを抑え、それからシッカリとした知識に基づいて「ぎっくり腰にならないように」していけばいいと思っています。

 

 

ぎっくり腰の痛みの対処

 

上記のぎっくり腰の痛みは、腰部の炎症(筋肉、関節、‌神経など・・)によるもの。
炎症が消えなければ、全部がスーッと消えることはありませんが、痛みによって固まっている周りの組織が少しでも柔らかくなれば、
日常の動きに関しては、痛みがありながらも行えるようになります。

 

ぎっくり腰は、炎症による痛みなので安静は必要ですが、一日中寝っぱなしでいるといためているところ意外もかなり固まってしまうので、その固まったことによって、
炎症部への負担が大きくなり余計に痛みを強くしてしまうともいえます。

 

ですから、痛む動きは避けて、それ以外の出来る動きは、動かせる範囲内でドンドン動かしてください。

 

 

ぎっくり腰になった場合、温める?冷やす?

温める?冷やす?どっちが効果的?

 

冷やして下さい。
とりあえず氷をビニール袋に入れて、痛みのある部分に当てて30分ほど冷やして下さい。
30分後、一度はずしてください。次に冷やすときは2時間空けてから、また30分。

 

この繰り返し。

 

腰の痛みの部分、アツくなっている部分をアイシング

 

冷やし続けると、血行障害により悪くなることも。

 

 

とりあえず

 

30分冷やす

2時間空ける

30分冷やす

2時間空ける

 

これを繰り返してください。

 

  • 急性腰痛の対処 = 冷やす
  • 慢性腰痛の対処 = 温める

 

これは一般的ですし、治療の現場での経験的にも正しいです。
ただ、冷やして組織の炎症作用(治るるための働き)を強制的に押さえ込んでしまうのは、患部を結果的に悪くしてしまう。
こういう考えもあります。わたしもこの考えは一理あると思います。

 

ただ、緊急時の痛みを何とか抑えたいということであれば冷やして下さい。
痛みをまずとって、それから理想の治し方をすればいいと思います。

 

スポンサードリンク

 

ぎっくり腰になった場合のカラダの動かし方

 

寝方

腰周りの筋肉が緊張しています。骨盤が無理に動かされる状態は炎症部にストレスをかけて痛みにつながります。

 

横向きの場合

ぎっくり腰の場合は横向きで寝るのが基本。
ただ、ダメな場合もあります。
横向きが仰向けうつ伏せよりも腰には負担の少ない寝方ですが、骨盤周辺が固まりすぎている場合横向きでも痛い場合があります。
その時は、背骨が骨盤で持ち上げられて、まっすぐのラインをキープできなくならないようにウエスト部にタオルを入れる。

 

ぎっくり腰の場合は基本横向き寝

 

仰向け

 

仰向けで寝る場合は、腰が引っ張られるような力が腰部にかかります。その緊張を緩めるために膝を曲げてください。
腰の緊張が和らぎます。布団や毛布をたたんで膝下に置くのもいいでしょう。
基本的に生まれる前の赤ちゃんがお母さんのおなかの中で丸くなっているような形が負担が少ないです。
背中を丸めて、手足を曲げている。

 

 

 

うつ伏せ

うつ伏せの場合は、腰に反るような力がかかりますので、腰をそらせないためにおなかに大きめの枕を入れます。
出来れば足首のところにも枕(タオルなど)を置き、膝も曲がるのが望ましいです。

 

 

痛くない立ち上がり方、寝方、座り方、歩き方、靴の履き方

 

起き上がるときの注意。
とにかく腰部&骨盤部の関節が動かされるのが強い痛みにつながります。
胴体を固めて動く。

 

 

ベッドの場合
  1. 体幹(胴体)を固めてゴロンとまず、横向きになってください。
  2. 膝を曲げる
  3. 膝下をベッドから下ろす
  4. 上半身を出来るだけ縮めて、手を使って上半身を起こし、上半身を骨盤の上に載せるイメージでまず座る形を作る
  5. この際、腰が丸くならないように骨盤を起こす。
  6. このときに上半身の力を出来るだけ抜く練習をしてください。(上半身が前後に力のかからない状態を作る)
  7. 屈みながら立つと痛みが増すので、このお尻から上のカタチを維持したまま、上に引っ張られるように足だけで立つ。

腰が痛くない起き上がり方

 

 

 

 

骨盤を起こす 痛くて腰を曲げがちだが胸をハリ骨盤を起こすとラクになる

座り方

骨盤を起こす腰に負担のない座り方

座り方は、前述した骨盤を起こした(前傾)形にする。この時は、背中の筋力で背すじを伸ばすのではなく、おへそを斜め上に引き上げ起こした骨盤の上に前後に力がかからずにバランスの取れた上半身が脱力して乗っかっている形を作る。
立っている時も、骨盤から上の状態はまったく同じ。

 

 

歩き方

 

前述した、ぎっくり腰時の座り方、立ち方を基本に、アタマを上に引かれたように上に伸びながら歩く。

 

靴の履き方(しゃがみ方)
ウェイトリフティングの選手のイメージ。
背骨をすっと伸ばし、骨盤を起こし(お尻がツンと上に向く)膝だけを曲げてしゃがむ。
起きるときはこの巻き戻しで。

 

腰に負担の少ない立ち上がり方、しゃがみ方

 

座る立つが難しければ、まず蹲踞(そんきょ)

 

お尻を付いて座る形もキツイ!
そんなこともあると思います。

 

その場合、蹲踞(そんきょ=剣道や相撲の試合開始の構え)をしてみて下さい。
これを行うことで、痛めた骨盤周りのバランスを調整することが出来ます。
蹲踞で立つ座るを繰り返して股関節がスムーズに動くように意識する。

 

腰に負担の少ない、しゃがみ方

 

骨盤を閉めることでとりあえず立てるようになる

 

骨盤を締めることで腰が安定したてるようになります。
初めてぎっくり腰になった方はコルセットも持ってないでしょうし、さらしも無いでしょう。
ベルトで骨盤の腰骨部分(腰骨の前の出っ張りと股関節の間)をキツく圧迫。
これで少し力が入れやすくなります。

 

ベルトがない。
着物を着る方、武道をやる方は帯で締める。
タオルをつないで代用。

 

これらを一つ一つやってみても
痛すぎてどうにも動けない。

 

そんな時は薬を飲んでください。

 

 

どうしても痛ければバファリンが効く

痛みがどうしても引かないときは薬で対応

とりあえず痛みを取らないことには生活が出来ないので。
薬は体に悪いから・・・
とかはこの際無しで。

 

バファリンなどの頭痛薬も痛みに効果的。
ロキソニンなど鎮痛薬と患部のアイシングでこの緊急時を凌いでください。

 

スポンサードリンク

 

少しでも動かせるようになったらやっておきたい「ぎっくり腰セルフケア」

 

ここまでの、緊急対処法で少しは動けるようになるはずです。
それから病院にいく、治療を受けにいくなど選択してください。

 

緊急対処法を続けながら安静にしていれば、時間とともに痛みは軽減するんですが・・・。

 

痛みが落ち着いてきて、少し動かせるようになったらやっておきたいセルフケアがあります。

 

最初にお伝えしておきますが、痛みが強くて動かせないようでしたらその痛みが落ち着いてからはじめてください。

 

腰のゆがみをチェック&自分で矯正。

 

  1. 仰向けで寝る。
  2. 両膝を立てる
  3. 左右に膝を倒しどちらが倒しやすいかチェックする
  4. 倒しやすいほうへ膝を倒す。※痛まない範囲でゆっくり5秒。
  5. 5秒立ったら戻す。
  6. これを3回繰り返す。
  7. 3の動きをして再度チェックする
  8. 左右差がなくなっていれば終わる。
  9. 大きく差があるなら再度この流れで繰り返す。
  10. 繰り返すのは3回までにする。※最大一日に3度まで。

膝の倒れ方で骨盤のゆがみをチェックし矯正する

 

 

これで、骨盤のゆがみが整い痛みが軽減。緊張が軽減します。

 

 

ぎっくり腰の時の動き方がわかり落ち着いてから理解しておきたい「ぎっくり腰の知識」

 

ここまでで、だいぶ最初と較べて腰の痛みも変化してきたのではないでしょうか?

 

ここで、この激痛のぎっくり腰が再発しないために、少しぎっくり腰のメカニズムについて理解してください。

 

ぎっくり腰とは?

 

ぎっくり腰とは、急性腰痛の総称です。
腰の捻挫、肉離れ、ヘルニアと呼ばれるものをまとめて「ぎっくり腰」と呼びます。
足首や手首の捻挫のように、患部(腰)には炎症が起こります。
炎症とは腫れ、熱、内出血などの状態です。
筋肉、靭帯、細胞が傷ついています。安静が第一。
通常は、1週間から2週間。長い方では治るまで一ヶ月くらいかかる方もいます。

 

 

ぎっくり腰になる原因

 

ぎっくり腰は、腰部の組織が壊れる状態ですが、なぜ壊れるのか?
ぎっくり腰になる方は、腰の筋肉が硬くなっている場合が多いです。
硬くなった筋肉は柔軟性が無いので、少しの力でも筋肉繊維に傷が付き炎症が起こります。
これが痛みの元です。
痛むことで、痛みから体を守ろうとして、本来の原因部分以外も固まってきます。
この固まった状態が余計に患部へ力をかけることになります。

 

ぎっくり腰になる方は、殆どが強い力がかかったわけではなく、日常の動作で軽い負荷がかかった程度でぎっくり腰になっています。
このことで言えるのは、慢性的に腰痛を持っていて腰が硬かった、自覚症状は無いが腰の筋肉が硬くなっていた。

 

そんな方がぎっくり腰になっています。

 

 

なぜ腰が硬くなるのか?

長時間のデスクワークは腰に負担がかかる

筋肉は、同じ姿勢を長時間しているような持続的な緊張をすると固まります。
立ち仕事、デスクワーク、運転、屈んだ姿勢で長時間の仕事。

 

物を繰り返し運んだりするのももちろん筋肉に疲労はたまり硬くなりますが、一見、腰に力がかかってないと思われがちな仕事の方でも十分腰の筋肉が硬くなるので注意が必要です。
具体的に何をすればいいのか?

 

 

腰が硬くならないために

デスクワークならば、一時間に1回少なくとも腰まわりの筋肉を動かす。
前屈・後屈・側屈・回旋などです。

腰を回し腰痛を回避

 

ぎっくり腰になった場合の考え方

腰が疲れているから
「マッサージを受けたが楽にならない。」
「すぐに戻る。」

 

こんな方は、単純な筋肉疲労で腰の筋肉が硬くなっているのではない可能性があります。
硬くなる原因は他にもあります。

 

「骨格の歪み」です。

 

人の体は、本来の正しい位置に骨格が収まっていれば、余計な緊張や原因が無いような殆どの不調も取れてしまいます。
「あれこれケアをしているのに体が改善しない」という方は骨格の歪みを疑ってみる必要があります。

 

 

ぎっくり腰の痛みが取れた後に再発しないためにすべきこと

 

ココまでお伝えしてきたぎっくり腰の緊急対処法、ぎっくり腰の考え方ですが、これは、ぎっくり腰として表面に出てきた症状に対してのものです。
カラダを元気にし、健康を長期的に保っていくためには、歪みを整えて体が働きやすい状態を作っていくことです。

 

そうすることで、

 

  • ぎっくり腰にならない
  • なっても早く治る
  • 肩こりにならない
  • デスクワークがつらくならない
  • 立ち上がるときに腰がスッと伸びる
  • 疲れがたまらない
  • 長時間の運転も安心

 

こんな元気なカラダを作ることができます。

 

ぎっくり腰になったのは、疲れがたまっていたから。
疲れがたまる体の状態だったからと言えます。

 

私たちの整体院では、ソフトな矯正で体のゆがみを整えて、カラダが治りやすい元気な体を長期的に維持していくお手伝いをしております。

 

不調がなかなか改善しないならご相談ください。

 

一回の治療ですべての痛みが取れるとは言えませんが、痛みが半減すれば、腰に特別負担のかかる動作以外の日常生活は問題無く送れるようになります。

 

  • 筋肉・関節の炎症の軽減による鋭い痛みの緩和
  • 骨盤や腰椎の調整による姿勢矯正(患部の負担軽減)

 

これらを組み合わせて行う事で、寝込んで何もできない日が、一週間も続くというような最悪のケースからは解放されることは間違いありません。

 

日常生活へ最短で復帰できる方向付けを私達は行っています。

 

 

当院で腰痛整体を受けた患者様の感想をお聞きいたしました

 

 

 

あなたの症状にあった治療を行っております。

 

 

 

料金

 

ぎっくり腰整体治療

¥5000(税抜)
症状の程度によりますが、痛みをすぐにとりたい、再発しないように、しっかり治しておきたいという方は、ぎっくり腰整体治療で、ゆがみを調整することをお勧めいたします。

 

筋肉の炎症症状をとるマイクロカレント治療(炎症を取る治療器)と併用して、体のゆがみを矯正することで短期間で回復することができます。
ぎっくり腰治療は、初期の対処が治癒までの期間を大きく左右します。

 

 

 

 

 

 

 

 


大きな地図で見る

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

ぎっくり腰から当院の治療で短期間に回復したお客様の声

ぎっくり腰の痛みは強烈です。
初めてなった方でも、
「あれっ!これ普通の痛みじゃないな・・・」とわかるくらいの激痛です。
または、激痛でなくても腰の異常事態だと感じるはずです。

 

そんな時、誰もがスグに病院や治療院で受診できるわけではありません。
処置が遅れることで、炎症が広がり痛みが長引くことになるかもしれません。

 

ですから、自分でスグに、簡単にできて、ぎっくり腰に効果的な処置をお伝えしますのでこのまま読み進めて受診できるまでに少しでも実践し悪化を防いでください。

 

ぎっくり腰!プロが教える応急処置のコツ
3つのポイントをお教えいたします。

 

ぎっくり腰の痛みで立つのもつらい。
寝返りが打てない。
顔を洗えない。

 

こんな
ぎっくり腰の激痛に襲われて、簡単なこともできないのは本当につらい。

 

一秒でも早く、ぎっくり腰の痛みから日常生活に復帰するため
シンプルで、自分で出来る効果的なぎっくり腰の応急処置をお教えします。

 

ぎっくり腰を悪化させないためにしてはいけないこと。
絶対にあたためないでください。

 

間違ったぎっくり腰の応急処置をする人が非常に多いです。

 

ぎっくり腰の症状が一時的に楽になったとしても、
その後間違いなく悪化します。

 

数日の安静で回復するかもしれない
ぎっくり腰の症状が、
二週間以上症状が長引くことになることもあります。

 

実は、この対処を間違わなければ、
ぎっくり腰の痛みを悪化させることはありません。

 

しかし、
ぎっくり腰の正しい応急処置を知らないために
悪化させてしまうケースは本当に多いです。

 

ぎっくり腰 急性の腰痛の場合の応急処置

・原因
外力により筋肉の繊維に細かい傷がつき、炎症が起こるため鋭い痛みと熱感が起こります。
この炎症による痛みで動けなくなります。
ぎっくり腰のこの痛み、
原因は、筋肉の繊維が壊れておきる炎症です。
この炎症で起こる熱を取ることが一番大切なことです。

 

・対処  RICE処置
ぎっくり腰の応急処置の基礎、RICEをご説明します。
自分で処置しても、次のことを守れば確実によくなります。

 

1、安静   

 

2、冷却   (氷で冷やす)

 

3、圧迫・固定(包帯・コルセット・テーピング)

 

 

シンプルですが、一番間違いない方法です。

 

寝る・氷で冷やす・コルセット。
自分で出来る3つの方法です。
これだけを守ってください。

 

効果をスグに感じなかったとしても2日間続けてください。
炎症が悪化しないように体を安め、体の回復力・自然治癒力に任せるという方法です。

 

間違いなく、これだけで症状は早く改善します。

 

ただ、体の回復力任せなので症状やあなたの体質によっては時間がかかります。

 

「すぐにでも普段通りの生活がしたい。」
こんなあなたには、じっくり待てないかもしれません。

 

そこで、
私たちが行っているぎっくり腰をもっと短期間で回復させる治療法をご紹介します。

 

ぎっくり腰は大きく分けて二つのタイプがあります。

  1. 筋肉が壊れた状態(傷めた筋肉に「圧痛=押した痛み」 があります)
  2. 骨格のゆがみによって腰に力が入られない状態(腰周辺の筋肉に「圧痛=押した痛み」の場所がハッキリわかりません)

1の場合は、筋肉の炎症をとることで急速に痛みが軽減します。
2の場合は、ゆがみをとって骨格を正しい位置に戻すことで痛みが軽減します。
※1の場合であっても、腰の筋肉に負担をかけているのは骨格のゆがみですから骨格の矯正は必要。

 

1の場合、壊れた腰の筋肉の炎症をいち早く鎮める治療を行います

炎症を早く取り、自然治癒力を高めるマイクロカレント療法という治療法を私たちは行っています。

 

炎症が原因の症状の場合は、まず安静にすることが大切。
自然治癒力を高め、こわれた組織を回復させるようにします。

 

私たちの治療は、
細胞の修復能力を高める治療を行います。
それが、マイクロカレント(微弱電流)療法です。

この治療を行うことで、
自然治癒力が数倍に高まり、治癒期間が通常の半分に。
そんな治療法、マイクロカレント療法を私たちは行っています。

 

都内でもあまり取り入れているところはないようですが、
治癒力を高める効果、炎症を抑える効果はバツグン。

 

マイクロカレント療法とは?

 

人間のからだには微弱な電流が流れています。
この電流が細胞の働きをコントロールしています。
体を成長させ、回復させるための命令を体中に出しています。

 

この電気信号を治療器を使いパワーアップし、
ケガした患部の細胞に送り込みます。
細胞レベルで組織を活性化させ、治癒のスピードが数倍上がります。

 

通常、
腫れや内出血が引くのには時間がかかります。
この治療器を使うことで、治癒までの期間が短くなっています。

 

ケガの炎症が落ち着けば、鋭い痛みは減り
多少痛みは残っていても、日常生活に復帰は可能です。

 

私たちは、もちろん完治を目指して治療していますが
最短で日常生活に戻れるように治療を行っています。

 

この治療の有効性は私自身の体で永年試しております。
マイクロカレント療法の効果に間違いはありません。

 

私がマイクロカレント療法を信頼している理由

私は治療家ですが、プロキックボクサーでもあります。
キックボクシングという競技の特性上ケガは付き物です。
ハードトレーニングで腰を痛めることも多いです。

 

もちろんプロですから普通の方以上に
体の手入れも欠かしません。

 

筋肉もかなり柔らかいのですが
それでも試合直前には疲労により、傷めてしまうことも。

 

しかし、私は試合直前にぎっくり腰になっても慌てません。
自分の場合の治し方を知っているからです。

 

試合まであと一週間という時に
重度のぎっくり腰になったことも何度もあります。

 

でも、治りました。

 

一週間で普段の生活ではなく、
最高のパフォーマンスが必要とされる
キックボクシングの試合に間に合ったということです。

 

 

キックボクシングは
打撲・筋挫傷(肉ばなれ)骨折などケガが絶えません。
そんな競技を15年以上も続けられているのも、マイクロカレント療法の効果のお陰です。

 

このケガは一週間、この痛みなら2~3日で、この痛みの場合は・・
身をもって経験することで分かるようになりました。

 

今ではマイクロカレント療法の効果を
生かすことが出来ると治療家の一人だと自負しています。

 

ぎっくり腰をもっと早くよくする方法もあります

マイクロカレントでは傷めた筋肉の炎症を最短で抑える働きがあります。
ぎっくり腰は、腰の筋肉、関節に炎症が起き、痛みとなっていますので、この筋肉の炎症を取ることで痛みは改善します。

 

しかし、ぎっくり腰の痛みは強烈なため、患部の痛みに伴い、患部周辺の筋肉の緊張も起こり、関節の運動制限(ロッキング)が起こります。
もともと、ゆがみによって硬くなった筋肉が壊れて起こったぎっくり腰の症状が、痛みによる筋肉の強い緊張でさらにゆがみが強くなります。

 

腰の筋肉や関節に負担がかかるような歪みがあっては、いくら筋肉の炎症を抑えても、傷口を広げるような強い力が常に患部にかかる事は容易に想像できるのではないでしょうか。
ですから、ぎっくり腰の場合は、歪みの調整を行い腰に負担のかからない状態をいち早く作っておくことが早期改善には有効な方法です。

 

骨盤や腰椎(腰の骨)、股関節のズレを整え、患部周辺の筋肉を緩める。

 

これが、ぎっくり腰の痛みを増強させている筋肉の引きつれによる負担を減らし
日常生活をスムーズにしてくれます。