スポンサードリンク


自律神経失調症の治療

自律神経調整治療 東京神田
tsukare1 自律神経 治療 様々な治療法を解説 判断基準にしてください
自律神経失調症と診断された患者の数は、現在、65万人と言われています。
頭痛や肩こり、胃痛などの症状が自律神経から来ているものだと自覚していない潜在的な患者は、さらに10倍にもなるといわれています。

 

  • 「風邪もひいてないのに体が熱っぽい」
  • 「めまいがする」
  • 「夜なかなか寝れない」
  • 「食欲がない」

 

これらも自律神経失調症と言えるでしょう。

 

 

これらの自律神経の不調からくる症状は、その症状だけの治療。
例えば、

  • 肩が凝ったから肩をマッサージする。
  • 頭痛がひどいから、首肩の筋肉をマッサージする。
  • 足が冷えるから温める

これでは変わりません。

 

症状を引き起こしている原因となる
自律神経(脳)の活性化をしないと

 

うわべの症状へのアプローチだけでは、長持ちしないだけでなく
だんだん変化もしなくなってきます。

 

身体的ストレス、精神的ストレス、内臓の疲労などにより体が歪むことで自律神経の働きが悪くなります。
それが様々な全身の症状を引き起こします。

 

改善するためには、クスリやカウンセリングだけでなく、カラダのゆがみを整え体液循環をスムーズにし脳が一番リラックスし働きやすい状態を作ってあげることが重要になってきます。

 

———————————————————–
優しい刺激で歪みを整え、脳のストレスを開放し治りやすい体作りをする整体院。
自律神経調整整体 JR神田駅5秒 リマイスター神田店

 

03-5577-5759
東京都千代田区内神田3丁目20-1 有美ビル2F
———————————————————–

スポンサードリンク


自律神経治療に関する情報は↓

 

自律神経失調の症状・タイプなどにより、身体と心の両面に働きかける治療、生活環境を整える必要があります。体質・性格・ライフスタイルの歪みにも注目して見直してくださいね。

 

  • 自律訓練法などによるセルフコントロール
  • 薬物療法
  • カウンセリングなどの心理療法
  • 指圧やマッサージ、整体、鍼灸、ストレッチなどの理学療法
  • 音楽療法やアロマテラピーなど五感に働きかける治療法
  • 自己管理によるライフスタイルの見直し

 

生活のリズム、食事、睡眠、運動、心にゆとりを持つ、ストレス耐性の強化、感情処理・・・など

tsukare1 自律神経 治療 様々な治療法を解説 判断基準にしてください

 

うつ病に対して自分で出来る事

食事や運動は、生活のリズムを規則正しく作る上で重要な役割をしています。私達の体は、自律神経の交感神経と副交感神経の切り替わりと生活のリズムが連動して体内時計をコントロールしています。そのため、自律神経を活性化し正常に機能させる為には、食事や運動を上手く日常生活の中に取り入れていくことが重要になります。

 

運動や食生活の改善は自分でもできる身近な治療方法です。そのため、心療内科や神経科などでも、食事療法や運動療法が治療の一環として取り入れられている事が多くあります。

tsukare1 自律神経 治療 様々な治療法を解説 判断基準にしてください

 

うつ病 /  食生活の改善

食生活の改善を図ることで体のリズムを整え、よりよい改善に繋がることもあります。
食事の時間
自律神経失調症やうつ病になると、空腹を感じなかったり、反対に食べたのにお腹がすいているように感じる事が多くあります。これは自律神経のバランスが乱れているからです。
食物を消化吸収する胃や腸の活動は、副交感神経が優位になる事で活性化します。また、吸収された食べ物が体温を上げると、交感神経が優位になり活発に活動する事が出来るようになります。
ですから、1日3回決まった時間に食事を取ることは、1日の中で交感神経・副交感神経が切り替わるリズムを作る為にも重要な役割を果たしています。

 

自律神経失調症・うつに効果的な食べ物

脳や自律神経の働きを活性化させる為には、バランス良く様々な食品をバランスよく取ることが必要です。

 

特に神経や精神面を安定させ自律神経が正常に機能するように働きかける食べ物には、カルシウムやミネラル、DHA等が有名です。

 

おススメの食品は、卵や大豆製品、豚肉、うなぎ、青魚などで、脳を活性化させる働きがあります。夜寝る前にホットミルクとナッツを少し食べると良く眠れるというのは昔から言われていますが、興奮を抑える働きがあるカルシウムは、牛乳や小魚、小松菜などに多く含まれています。

 

適度な運動や日常生活のリズムを整え自律神経を調整

日光をあびる

 

冬になると太陽の光を十分に浴びる事が出来なくなり、うつ病や自律神経のバランスを崩してしまう「季節型うつ病」があります。この時、太陽光線に近い強い光を浴びる光療法という治療方法を受けると症状が改善しますが、運動時に太陽の光を浴びるようにする事で光療法と同じような効果を期待する事が出来ます。

 

運動をする時以外でも、出勤時や日中の休憩時間に短時間でも太陽の光を浴びるようにすると、不眠や自律神経失調症の改善におススメです。

tsukare1 自律神経 治療 様々な治療法を解説 判断基準にしてください

 

頑張り過ぎない運動をする

動をして体を活発に動かす事で、交感神経が活発になります。疲れを感じると体は、休息と修復しようとして、夜自然と眠くなるようにできています、そのため、適度に体が付かれる運動をすることは重要ですが、運動をしなければいけない、とか、毎日続けなければいけない、とプレッシャーがかかる運動の仕方はあまりお勧めできません。

 

自分が楽しいと思ったり、気分転換になる様な運動方法を見つけましょう。手軽にできる水泳やウォーキングの他、趣味で山に登ったり、ヨガ教室に通ってみるのもいいかもしれません

 

薬物療法

薬物療法とは、自律神経失調症やうつ病で現れる身体的な症状を軽減したり、不安や憂鬱感を改善する為にとても有効な治療方法です。

 

心の病気に対して薬物療法というと、不安を感じる人もいるかも知れませんが、自律神経失調症やうつ病で現れる身体的、精神的な症状の悪循環を断ち切り、改善する事が出来るのです。

 

自律神経失調症やうつ病の症状を改善する治療に使われるクスリには、様々な種類があります。それは、その人の症状や状態に合わせたクスリが必要なためですから、きちんと医師の指示に従って服用する事が大切です。

 

tsukare1 自律神経 治療 様々な治療法を解説 判断基準にしてください

 

 

主な薬の種類 自律神経調整薬

自律神経調整薬は、自律神経の交感神経・副交感神経の作用に直接働きかけて崩れたバランスを整える為のクスリです。

 

更年期障害や体質的に自律神経のバランスを崩しやすいタイプの人に処方される事が多く、比較的穏やかに効くのが特徴です。

 

肩コリや発汗、のぼせ、動悸、手足の冷え、めまい等の身体症状を改善する効果があり、副作用が少ないものが多くあります。

 

 

 

 

自律神経末梢作用薬

自律神経末梢作用薬は、内臓や血管等をコントロールしている自律神経の末梢部分に作用して、身体症状を改善する効果のあるクスリです。自律神経の末梢部分に作用する個のタイプのクスリには、大きく3つのタイプがあります。

 

下痢や便秘を繰り返す消化器系の症状には「副交感神経遮断薬」、低血圧やめまい、立ちくらみ等の症状には「交感神経興奮薬」、動悸や不整脈など循環器系の症状が強い場合に使われる、「ベータアドレナリン受容体遮断薬(βブロッカー)」が使われます。

 

抗不安薬

抗不安薬は、その名前の通り不安や緊張を軽減させる効果があります。強い不安や緊張は自律神経のバランスを崩しやすくしてしまい、さらにストレスを感じたり不眠になったり、身体症状を悪化させる結果を招きます。

 

そのため、不安や緊張が強い状態であると判断した場合には、抗不安薬を使って不安や緊張を軽減させて症状の悪化を防ぎ、改善治療を行います。

 

睡眠導入剤自律神経失調症やうつ病、躁鬱病になると、眠れない、目が覚めるなどといった不眠の症状が現れて、そこから頭痛や疲労感、めまい・肩コリなどの身体症状につながってしまったり、眠れないという不安からさらに状態が悪化してしまう場合があります。

 

それを避けるために、不眠がある場合には症状に合わせて不眠を解消する効果のある睡眠導入剤が使われます。

 

副作用や注意点副作用とは

薬物療法では、比較的副作用の少ない物が選ばれますが、全く副作用が無いクスリはありません。クスリとの相性もありますので、処方されたクスリにどんな副作用があるのかをあらかじめ知っておくことは大切です。

 

たとえば抗うつ剤では、服用後に強い眠気を感じたりめまいや頻脈などの副作用が現れる事があります。

 

また、抗不安剤では、頭痛、口の渇き、便秘、食欲不振、めまい等の症状が現れる場合があります。

 

これらの副作用は、服用後数日で軽減されるケースも多いので、副作用が現れたと感じたら医師に相談するようにしましょう。

 

注意点

薬物療法で一番注意したい事は、自分の判断で服用をやめたり、量を変更してはいけないということです。どんな病気の治療でも同じですが、特に自律神経失調症やうつ病で使われるくすりには、ある程度の期間服用を続けないと効果が現れてこない事も珍しくありません。

 

また症状が改善されたからと言って服用をやめたり、量を勝手に減らすと再発の可能性が高くなるという傾向があります。

 

症状が落ち着いても、その後一定期間はきちんと飲み続ける事が大切です。

 

体調不良の回復や病気を治す、自律神経の働きを回復させる。

 

適度な運動や日常生活のリズムを整えることによっても自律神経を整えることができます。

スポンサードリンク


自律神経調整整体
神田駅前5秒の整体院
リマイスター神田 03-5577-5759

うつは足つぼで治る
メディカルリフレクソロジー
リマイスター総本店 03-3328-4210

tsukare1 自律神経 治療 様々な治療法を解説 判断基準にしてください